Glassウラン入り [New Item~新着・再入荷アイテム]

極微量のウランを着色材として加えたガラスです。
 1830年代ヨーロッパで製造されウランが原子力に利用されるようになる1940年代まで
 食器やさまざまな日常雑貨が造られました。
 特にヨーロッパやアメリカで製造され骨董・アンティークとしてファンも多いです。
 日本では大正から昭和20年代ころに多く製造されました。
 現在では民間でウランを扱うことが難しいため、ほとんど生産されていません。
 骨董・アンティークとしてファンも多いです。
 ウラン入りガラスの最大の特徴は、真っ暗闇の中で紫外線ランプで照らすと、緑色の強い蛍光
 を発し緑色に妖しく輝きます。
 紫外線ランプはなかった昔は、夜明け前の空が青色のとき紫外線が多いので、ウランの
 ウランというと、危険なイメージで受け取られやすいですが、ウランガラスのウラン含有率
 は0.1%ほどであり、放射能は0.3マイクロキュリー程度で、人体への危険性はほぼ無いと考
 えられています。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

0

  ※デッドストックのガラス製品は別途に在庫がある商品もあります。また、掲載意外にも各種取り扱っています。⇒お問い合わせください。